ロング とショート

FX1

 

ロング (long)には強気という意味があり、

FXでは買いを表します。

 

会話などで、

買う事をロングする=longするを略して

Lしますなんて言ったりします。

 

 

ショート(short)には弱気という意味があり、

FXでは売りを表します。

 

ロングと同様に会話などで、

売ることをショートする=shortするを略して

Sしますなんて言ったりします。

 

安いところでロングして高いところで決済。

高いところでショートして安いところで決済。

これを心がけましょう。

 

そうそう、

強気・弱気のこぼれ話なんですが

FX にはブル相場というものとベア相場というものがありまして、

下記で説明しているので読んでみてください。

 

→ ブル相場とベア相場

 

また読みたいな と思ってもらえたら

br_c_1532_2       fx88_31

このランキング2つをクリックして 応援してくれると更新の励みになります。

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください。

Powerd by ニアサテ FX

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top