レバレッジ について 1

FX1

 

レバレッジ とは「テコ」の原理のことです。

FXでは小さな資金で大きな取引を行うことが出来る性質を表します。

 

 

レバレッジ

 

 

 

例えば 1ドル100円というレートでドルを買おうとするじゃないですか、

資金10万円でドルを購入しようとすると

レバレッジが1倍ですと

10万円分のドル、1000ドルしか買えませんが

レバレッジが10倍であれば

100万円分のドル、つまり1万ドル買えるという事になるんですね。

 

FXというものは価値が日々変動していく通貨を

安く買って高く売る、 もしくは高く売って安く買うことで儲けるものですから

レバレッジを活用することにより儲けた場合の金額は10倍になります。

 

 

ただ、 よく巷で聞くようなFXで破産したー!! なんて事になってしまうのは

負けた時の金額も10倍になるから、

損になったらすぐ決済すれば良いものの

意地になってしまい、

すぐに元通りに戻ってくる・・  戻ってくる・・ なんて

損切りしないで祈るようにトレードしていると、

相場は祈ったからといって言う事を聞いてくれないので

どんどん損が膨らんで行って破産してしまうんですね。

 

私の考えとしては、

レバレッジは国内口座であれば25倍までに制限されるため、

レバレッジを中心にリスクを管理することよりも、

資金に対する1度に失ってよい金額を決めるという考え方で取引しています。

 

自分の資金が100万円であれば、

1000ドルでも1万ドルでも

いくらドルを買って賭けても良いけれど

資金の1%である1万円まで負けが膨らんだら

絶対に損切る! と決めています。

 

次は海外口座と国内口座の

レバレッジの違いについて説明していきます。

海外口座は日本よりもレバレッジ高い!

一攫千金のチャンスだ!

なんて考えて痛い目にあってしまう人が

後を絶たないので読んでみてください。

→ レバレッジについて2

 

 

また読みたいな と思ってもらえたら

サイト 右上のランキング2つをクリックして 応援してくれると嬉しいです。

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください。

Powerd by ニアサテ FX

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top