一目均衡表とは

FX1

 

一目均衡表とは 、

一目山人という日本の相場師が昭和初期に考案したトレンド系テクニカル分析手法。

他の有名なテクニカル分析が値幅に重きを置くことに比べ、

時間に重点を置いたものです。

このため、 テクニカルの設定数値(9、17、26)が統一され大衆と同一のテクニカルを見ることが出来る。

 

しかし一目山人が創始した目的は株取引に対してであり、

FXに対してではない。

1日の市場時間のズレが大きい為、

一目山人が提唱する時間軸論とは離れたものがFXチャートでは表れてしまうかもしれません。

 

 

一目均衡表

 

 

(1) 基準線 (青線)

過去26日間の最高値と最安値を足して2で割ったものです。

文字通り「基準となる線」という位置づけにあり、

基準線が上向きにあるか、 下向きにあるかを見て

相場の大体の方向性にアタリをつけます。

 

(2) 転換線 (赤線)
過去9日間の最高値と最安値を足して2で割ったものです。

 

(3) 遅行スパン (黄線)
当日の終値を先行スパンとは逆に当日を含めて26日前(遅行)に表示させたものです。

相場のトレンドをみるという目的から、

遅行スパン(26日前に表示した現在の株価)が

26日前の株価よりも高いのか安いのかといった見方をします。

 

(4) 先行スパンA 先行スパンB (雲)
先行スパンAとは基準線と転換線を足して2で割ったもので、

先行スパンBとは過去52日間の最高値と最安値を足して2で割ったものです。

 

先行スパンA・Bに挟まれた領域を「雲」と呼び、

この雲を注目線として見ることが出来る。

 

基本的な使い方

転換線が基準線を下から上へ 突き抜けたタイミングを好転(ゴールデンクロス)とし買い、

転換線が基準線を上から下へ 突き抜けたタイミングを逆転(デッドクロス)とし売り。

 

一目に関しては、

一目山人氏が場合場合にわけて

この時は好転でも買っちゃだめなど非常に多くを書き残しているおり、

私の手法のように相場に関する独自の考えというものが多くある手法です。

 

ゴールデンクロス

 

また読みたいな と思ってもらえたら

br_c_1532_2       fx88_31

このランキング2つをクリックして 応援してくれると更新の励みになります。

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください。

Powerd by ニアサテ FX

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top