注目線 について3

2014.11.11

6件

注目

 

→注目線 について2

 

注目線 について2の高圧的な文章を読んでも3を読もうとする

あなたはとてもお人好しですね。

実はこの注目線については今後このブログで更新されていく海の中で

ほとんど誰にもわからないようにしていくんですが、

ここまで読んでくれたあなたには出来る限り話していきます。

 

 

ちゅうもーく!

 

 

はい、でっかい文字で赤く書いたから上の文字にあなたは注目しました。

これがメンタリズムです。

 

 

なんてクサいこと言ったってしょうがないんですが、

そういうことです。

みなまで言うのは野暮ですが、

チャートにおいても全く同じ事が言えるのです。

 

支持線・抵抗線

 

書いている11/18 20時56分のドル円30分足チャートです。

上は117.041

下は115.44

ぴーったり反発してますね。

はい、この反発している線を

一般に今の相場より下にあれば支持線といい

今の相場より上にあれば抵抗線といいます。

このブログではごった煮の注目線なんで覚えなくて大丈夫です。

 

 

これだけ端っこで突き出ている線が出現していると、

(この突き出ているという感覚が大事)

文章に置き換えると

こういう!

役割があるわけですね。

 

誰でも注目するわな っていう。

これが大事なんです。

 

 

世間では支持線や抵抗線の定義には

前回の高値・安値から1回以上反発しているところなんて

とろくさい定義づけがあるんですが

これもナンセンスです。

 

目立っていればいいんです。

目立っている支持線・抵抗線・00ポイント・トレンドラインであれば大衆に注目されます。

その時トレードしている99%の人が見てくれます。

 

こういうところでトレードすると勝てる理屈というのは

みんなが見ている、

すなわちトレードの注文が集まりやすいんです。

 

そりゃそうだ、 と。

誰も見ていない相場よりも

皆が見ている相場であれば誰かが売買したことを

きっかけに連鎖的に大きく動きだしますね。

 

どちらかに大きく動く可能性が高いということは

細かい損切り、大きな利確で勝てるんです。

波の方向が確定したらそれに乗っかっている状態は長く続きます。

 

簡単に言うとこんな感じです。

本当にトレードする際はこれにもう一つくらいエッセンス(小系手法)を

加えてトレードするんですが、

それはご自身で見つけてみてください。

 

このページは過去記事へ葬るつもりなので、

読んでくれているごく一部の方にしか見えない状態にします。

 

 

ただねこのブログで勝つための秘訣を書いていますが、

正直な話 読んだって勝てないんですよ。

このブログに限らず全ての読み物において。

 

アホかお前は、じゃあなんで書いてんだ

って声が聞こえてきそうですがその通りでございますごめんなさい。

大事なことは書き物を読んで

今の相場に合った最高・最強の手法を手に入れることじゃないんですよね。

 

今まで20人くらいの人を教えてきた経験からする話なんですが、

手法を伝えてハイ勝てるようになりました。

なんて人は1人もいないんですよ。

みんな損切りを遅くしてしまうとか

利益を早く決済してしまうとか

今の相場に合っている手法を選択できないとか

 

人それぞれに相場に対して弱点があるんですよ。

極論、 FXとはその弱点をいかに少なくすることが出来るかというゲームなんですね。

手法や資金管理では無く自身の弱点を補うためのゲームです。

その弱点というものは心理的な要因によってもたらされるから

FXとは心理学を究めることが最重要なんだ、 なんて言われるんです。

手法だけで勝てるなら私がPDFで配布してみんな勝てるね!やったね!

コレで終わりです。

 

ぜひ自身の弱点は何かということについて考えてみてください。

その弱点を克服するためには何をすればよいのかということについても。

 

その上でどうしても自分では勝てないという人は

上のお問い合わせからでもFacebookやSkypeにでも

私の文章や性格が受け入れなれるなら連絡してください。

 

 

また読みたいな と思ってもらえたら

br_c_1532_2     fx88_31

このランキング2つをクリックして 応援してくれると更新の励みになります。

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください。

Powerd by ニアサテ FX

関連記事

コメント

    • おっちゃーこと純樹
    • 2014年 11月 30日

    おっちゃーこと純樹です。
    内容の濃い今回も投稿
    読ませて頂きました。

    私はこれからも進化します。
    宜しくお願いします。

    • むらD
    • 2015年 5月 09日

    初めまして、むらDと申します。
    FX歴は約9年と長いですが、
    思うように結果を残せておらず
    このブログにたどり着きました。

    資金管理と注目線の記事を読ませて頂き、
    自分がいかに中途半端なトレードをしていたか
    を思い知らされました。
    今後、真剣にトレードを進めていく上で
    他の記事も参考にしたいと思います。

    今後ともよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top