2014 の FXまとめ (偽)

1年

 

2014 年もお疲れ様でした !

 

なんて言ってもまだ後1週間ほどはあるんですけどね 。

 

今年は9月からの大きな為替の値動きによって

世間的にも話題になった年ですので

「今年から FX 始めたよー! 」

という方も大勢いらっしゃると思います 。

 

9月から始めた人には馴染みの無い

今年のちょっと変わった動き 。

 

いや、ちょっとでも無いか 。

 

1992年から22年分のデータを検証している

私としても初めての動きがあったので

注目して話していきたいと思います 。

 

めっちゃ動いたよね今年 。

それの事 ?

 

いえいえ、年初から8月までの

「特徴的な値動きの無さ」についてです 。

 

 

今年は1月から8月まで

円に関連する通貨の値動きがほとんど無い状況で

7月には1992年より取っているデータの中で

最も値動きが無い展開でした 。

 

まー相場が動きませんでした 。

 

1月から8月の中でドル円で言えば

100.80-104.12のレンジの中で推移していた 。

8か月間で値動きの上下幅が300pipsほどというのは

現在トレードしている人であればどれだけ特異な事態か分かるのでないかと思います 。

 

なんてったってこの22年間で初めての値動きの無さですから 。

 

 

今の相場なら1日2日で変動する値幅が8か月かかっていたんです 。

 

 

最近トレードを始めたよ !

 

って人からすると信じられないくらいですよ 。

 

1日の値動きが30pips以内のレンジだったりするんです 。

 

 

今年の上半期は 、

20年に一度の値動きの無さだったんです 。

 

 

RSIやMACDなど相場の反転を予測する

テクニカル指標を使われていた人は大きく勝っていったと思います 。

 

 

逆にこの動きの無い展開の時に 、

2011年のアベノミクスの時に上手く機能したからと言って

移動平均線などを使ったままでいた人は大きく損をしたと思います 。

 

 

 

ここで一度ブログランキングを押してもらえたらと思います 。

br_c_1532_2     fx88_31

 

(現在72位まで上がってきました。)

 

ありがとうございます 。

 

 

 

そう、損をしたときの悪循環として陥りがちなパターンなんですが 、

 

負けが込んでいる時に訳も分からないまま

手法を変えてしまう事が一番良くないんです 。

 

例えとしてAくんに出てきてもらいますね 。

 

Aくんは去年FXを始めた子です 。

 

テクニカル分析の中でも一番有名な

移動平均線というモノを使いながら

去年は100万円の資金を400万円に増やすことが出来ました 。

 

A 「よっしゃ!FX簡単だな!」と

「負けるやつの気持ちがさっぱり分からない。

ちゃんと損切りしたらこんなん勝てるゲームでしょ。 」

 

こんな風に鼻高々でいる小生意気な子を想像してみてください  。

 

9割が負けていくゲームなんて知らないから

余裕綽々で天才にでもなった気でいます 。

 

そんな彼が2014年に入り、

急に相場に値動きが無くなると

どうにも移動平均線じゃ勝てなくなる 。

 

そりゃあそうです 、

移動平均線は値動きある時に勝てるように作られた指標なんですから 。

 

動きがなければ勝てない 。

 

 

でも彼は移動平均線を使っていれば勝てるんだ、と思いこんで

我慢が大事、我慢が大事 。

 

こいつを信じていれば俺は勝てるんだ・・とつぶやきながら

勝てるはずもない移動平均線を使いつづけます 。

 

 

1ヶ月待っても..

3ヶ月待っても..

 

果ては半年待っても !

 

 

一向に相場に動きが戻らず負けがこんでいくばかりです 。

 

 

7月になっても負けてばかりで勝てる見込みがやってきません 。

 

A 「ムキー!!もう我慢できるか !

半年!半年だぞ!?充分だろ!あと100万しかねえよ!!

俺は我慢した!俺は悪くない !

移動平均線が悪いんだ!こんなもん捨ててやる!! 」

 

なんて怒りながらボリンジャーバンドなんかに切り替える 。

 

 

このボリンジャーバンドというやつは

移動平均線にちょっとしたエッセンスを加えたものです。

移動平均線が相場が動けば動くほど勝てるものだとしたら

こいつは動きがそこそこくらいの時に一番勝てるやつです 。

 

この時の相場は異常なほど値動きが無い状態だったので 、

ピッタリでは無いけれど移動平均線よりはずいぶんマシな指標でした 。

 

 

A「おっ、いいじゃないのボリンジャーバンド 。

1σで面白いくらいに反転するわするわ♪ 」と上機嫌で使い始めます 。

 

ボリンジャーバンドでも何とか勝っているようですね 。

 

しかし相場はこの時、一番動きの無かった

7月から2ヶ月が過ぎて行き大変動がやってくる

9月になってしまいました 。

 

先ほども話した通りボリンジャーバンドは

そこそこの動きでトレードを繰り返し

利益を積み重ねていく手法です 。

 

大変動期にはちょこちょこと利益を取ることは

出来てもひたすら買いっぱなしの移動平均線には勝てないのです 。

 

A「 うわ!いきなりなんだよ!

102円から110円までどんどん上がってっちゃったよ。

でも100万まで減っちゃった資金も

200万まで回復してきてる。あとちょっとだ♪

ボリンジャーバンドはすごいなあ。 」

 

確かにボリンジャーバンドは動かなくても 、

動く相場でも勝とうと思えば勝てるすごいやつです 。

 

逆に言えば動いても動かなくても中途半端な結果が出ます 。

 

その後も相場は大きな変動を続けあっという間に

1ドル120円を突破していきました 。

 

A「 やったね!120円まで上がってくれたおかげで

資金を300万まで戻すことが出来たよ♪

今年は前半で大きく負けがこんだからこれで上出来だな  」

 

Aくんは大満足のまま2014年は終わっていきましたが 、

果たして本当に満足できる結果だったのでしょうか ?

 

彼はボリンジャーバンドへ変えた事で

7月ごろより徐々に資金を取り戻していきましたが 、

移動平均線を使ったままでいたら

9月からの大変動相場に乗っかるだけで 、

ざっくりとした計算ですが

1000万まで資金は膨らんでいたのです 。

 

 

 

さっきの話のAくんは相場2年生の時の私の事です 。

 

こんな感じで今年の相場を振り返るよりも

なんだか相場の教訓に終始してしまいましたね 。

 

本当の今年のまとめは来週末に書きますね !

 

 

月曜日のトレード方針

 

ドル円 弱買い目線 119.20買い 120.00近辺売り

ユーロ円 レンジ トレードしない予定

ポンド円 レンジ トレードしない予定

ユーロドル 強売り目線 1.2220を始めあらゆるポイントでの売り

 

トレード優先順位

ユーロドル >ドル円 >ユーロ円 >ポンド円

 

クリスマス前の相場ですから

ポジションを整理する動きが強くなってきます 。

 

という事はドル円は上がって注目線で売り 。

ユーロドルだけはひたすら強い動きの為、売り 。

 

こんなトレード方針です。

 

それでは今日も頑張って勝ちましょうね!

 

 

また読みたいな と思ってもらえたら

br_c_1532_2      fx88_31

このランキング2つをクリックして 応援してくれると更新の励みになります 。

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません 。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません 。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください 。

Powerd by ニアサテ FX

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top