羽生棋士に学ぶ 勝負哲学

羽生

 

最近は乱高下もあってトレードも忙しい日々ですが、

合間を縫って将棋の棋士さん達が語る 勝負哲学 を聞き漁って

影響を受けています。

 

小学生の頃から負けたら本気で悔し泣きをして

プロともなれば一局ごとが命の削り合いと言われる勝負をしている人たちが語る

勝負に対する思いというのは

FXなんかとは全然違うものだと思っていましたが、

(FXの場合、1トレードはどうでもいいよーという思いでいなければならないんですね)

 

意外と最強棋士と言われる羽生 善治さんなんかは

最近は1つの勝負に対してこだわるよりも

今後の成長を得られるものがあったかという事に注目していると

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で語られていました。

 

 

 

 

 

昔からの私の癖でもありますが、

どんな分野にせよ

この人はすごいなあと思ったら

実際はどうであれ、

 

 

「 その人よりも絶対俺は才能があるんだから

その人と同じ努力をすればもっと勝てる! 」

 

と信じ込んでその人が歩んできた道のりや

考え方をマネしまくる。という事にあります。

 

 

「 こいつより上手くなると決めて

自分の中に学習する指針を作る 」

 

 

これがFXだけでなく

学校の勉強やどんな事にも上手い事学習していく術になると考えています。

 

 

それでは今日のトレード目線を以下に載せましたので見てください。

 

 

ああああ      あああ

 

今日のトレード目線の前にここでランキングボタンを押して応援をよろしくお願いします。

 

 

 

 

0.昨日のトレード結果

 

ユーロドルの下降をピラミッティングしたのが

一番大きいトレードとなった。

以下は早回しの小刻みトレードで一進一退が多かった。

 

プラス27pips

 
1.トレードタイムの枠組み

 

デイトレード

(ポンドル・ポンド円のみスイングトレード)

 

ポンドル・ポンド円以外には顕著なトレンド感や、

値動き幅が見られない展開となっている。

 

他通貨においては小刻みに10~50pipsを取ってあげる展開を想定すること。

 

 

 

2.注目通貨

 

 ポンドル・ポンド円の買い

 

 

19時ごろにイギリス中央銀行総裁の金利を上げる時期が近いという発言により

今日の相場はポンドに注目が集まっている。

常にポンドル・ポンド円の買いで見ていき

日足上の押し目になる可能性も踏まえてスイングトレードを行う。

 

 

 

3.指標など注目時間

 

21:30 アメリカ 小売売上高 20pips程度動くと想定する

 

 

 

 

4.まとめ

 

ポンドル・ポンド円の買いの日になりますねー。

 

今日は持越し前提で行っていきます。

 

重要な要人発言があった日は

トレンドが崩れる事を頑として拒むだろうと想定して

トレードが行えるので楽でいいですね。

 

逆に行くんじゃないかなんて怖がらずに、

2,30pipsの損切りはしっかり決めつつ上げのタイミングはしっかり捉えてあげる。

 

こんな感じにやっていけば良いと思います。

 

 

最後に押しそびれた方がいたらランキングボタンお願いします!

 

10位以内に入ったら生放送でトレードやっていきますね(*^_^*)

 

ああああ    あああ

 

 

 

それではまた明日!

 

 

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません 。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません 。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください 。

Powerd by ニアサテ FX

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top