日本 GDP (国内総生産) と解散総選挙の影響

2014.11.18

3件

歯医者

 

歯が欠けました

天丼食べてただけなのに・・

助けて歯医者さーん!

 

 

お昼ごはんに天丼食べてただけなのに

歯が欠けるって普段どんだけ酷使されてたんですかね・・

 

半泣きしてますが昨日の相場を見ていきましょうか。

昨日の日本 GDP による狂乱相場で

日本時間で115.50まで下がったドル円でした。

 

夕方・夜の 欧州・米市場へと時間を譲っていくと

まだまだ円買いは終わらせませんよ と言わんばかりの上げを見せて

現在ドル円は116.60付近での推移を見せています。

 

 

これで今日は動き弱めのレンジ

もしくは売り目線の相場となり

昨日に比べるとトレードしづらい環境ですので

今日はこの後、 歯医者に行く用事もあるので

トレードしないかな。

するならユーロ円・ポンド円の売りだと思います。

 

それでは昨日のトレード結果を書きますね。

 

11/17のトレード結果

 

1117d

①116.91売り→ 115.67決済 (+124PIPS)

②115.95売り→ 116.05決済 (-10PIPS)

他ポンド円売り、ユーロドルの売りにて

TOTAL 3勝7敗 +163PIPS でした。

 

上図のドル円5分足

このチャートに注目してもらいたいです。

昨日の相場では

この117.00まで上がる際の売りを捉えることが出来る人

出来ない人の差というモノは、

指標のような動くタイミングで

注目線を意識することが出来ているのかどうかであると考えています。

 

移動平均線や一目均衡表のようなテクニカル指標を用いている人の

弱点というものは機械任せで相場を判断できるという利点はありつつも

機械は相場を一定期間の平均で考えているからこそ

急激な変動で出遅れてしまう特徴があります。

注目指標が出るタイミグでは

すぐ損切り、すぐ損切りを繰り返す

タイトな反応が必要なのですが、

移動平均線などではどうしても相場の判断が一歩出遅れてしまいます。

移動平均線でサインが出る頃なんかは注目線ベースだと既に+50pipsを取っていますから。

 

ここに注目線のリンクを貼っておきますから

読んで習得してもらって

狂乱相場が訪れそうなタイミングでは是非使ってみてください。

 

→注目線について

 

 

今日のトレード観測

ドル円 レンジ・売り目線 動きも弱くトレードしたくない相場

117.00付近での売りチャンスがあれば

ユーロ円 売り目線

145.80,146.00付近での売りチャンスを模索

ポンド円 売り目線

183.00付近での売りチャンスを模索

ユーロドル 売り目線

1.2500付近での売りチャンスを模索

 

全般として売り目線。

ユーロ円>ポンド円>豪ドル円>ドル円の順に

売り優先です。

 

それでは歯医者いってきます!

 

また読みたいな と思ってもらえたら

br_c_1532_2       fx88_31

このランキング2つをクリックして 応援してくれると更新の励みになります。

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください。

Powerd by ニアサテ FX

関連記事

コメント

  1. 安部総理の会見で大きく動きましたね。

    相変わらず乱高下です。

    応援しておきました。ポチッ

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top