麻生 財務相発言により下落した相場

麻生

 

(上の画像は 麻生 さんの若かりし頃の写真です。憧れます。)

 

麻生さん言ってくれましたねー。

日本の政治家って大体相場に対して余計なちょっかいを入れて

不用意にトレンドを強くさせて日本の不利になる発言が多いものでしたが、

 

今回の発言である

「円の下がり方のスピードのテンポは速過ぎる。それは明らかだ」

 

この発言ですよ、してやられた!という形です。

120.00を待ち望んでいた私にとってはちっとも良い事じゃないんですが、

円安にしたい日本にとってはとても良い事を言いました。

 

円の下がり方のテンポが速すぎる。

この発言を言えば相場が円高(ドル円が下がる)ことは誰の目にも明らかなんですが、

円安にしたければ、

まだ120円に到達していない

また120円に到達する直前であった、

今日のタイミングで言うことが大事なんです。

 

あのまま麻生さんが何も言わずとも、

相場は放っておいても120.00という大注目線近辺での利確の嵐が訪れることを境に

大きく下がってくる公算が強い相場でした。

 

105.00から1300PIPS上がるまで日足上で

一旦の下降トレンド時期というものが一切無く、

買い詰まりがたまっている利確がはじけると

非常に大きな下降がもたらされる怖い相場でした。

 

 

1ドル120円 という値には日本人にとってすさまじく魔力を秘めた言葉なのです。

ながらく止まっていた水準に戻ってきた、 と思わせることが出来る。

ここらで一服だろうなんて共通の思惑が働いてしまう。

 

今一服も無しに120円まで上がっていたら誰もが利確したい相場がやってくることになる

パニック相場がやってきて私はそれを狙い1日3円下げを狙っていたのですが

120円を前に麻生さんの発言により阻まれる形となりました。

 

こういった大衆の考えを読むことが、

このブログのテーマである

9割の大衆から抜け出す ための肝となるので覚えておいてください。

 

そうだ、最近そこかしこで言われる上がるときはゆっくりで下がる時は速い

こんな誤った考えがコラムなどで蔓延しているので

後で違うよー!ってことを追加で日記の方に別記事で書いておきますね!

 

 

 

11/20のトレード結果

1120

ドル円5分足

① 118.62売り→ 118.63決済(-1PIPS)

② 118.55売り→ 118.49決済(-6PIPS)

③ 118.29売り→ 持越し(現在117.73)

 

他ユーロ円での取引。

0勝4敗1持越しのー22PIPSでした。

 

相場の節目までチャンスを待つことが出来ているので、

全体としては100PIPS200PIPS取るような日よりも良いトレードが出来た日でした。

 

今回の円安トレンドの主導国の関係大臣の麻生発言による

下降の流れは週明けまで続く見通しとなったので

③のトレードは週明けまでほぼ持越しスイングとなります。

 

11/21のトレード方針

ドル円 売りのみ

ファンダメンタルズと日足,4時間足にてようやく強い売りチャンスがやってきた。

注目線よりも大陰線に注目相場

ユーロ円 〃

ポンド円 〃

ユーロドル 小幅のためスキャルピング中心

 

優先順位(全て売り)

ポンド円>ユーロ円>ドル円>>ユーロドル

 

 

惜しむらくはやっぱり120円までに麻生さんに円高へ郵送された事ですねー。

大きな下降トレンドにより110円まで揺り戻しさせないためにはナイスタイミングでした。

麻生さんすげえ・・!

 

また読みたいな と思ってもらえたら

br_c_1532_2      fx88_31

このランキング2つをクリックして 応援してくれると更新の励みになります。

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください。

Powerd by ニアサテ FX

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top