衆議院選挙 週明けからの見通し

景気回復

 

衆議院選挙 ! 

 

現在、時刻が21時を回っています。

 

早く書かないと選挙結果出ちゃうよー。

 

なんて焦りながら書いています。

 

 

ちょうど衆議院選挙で相場が注目のタイミング!

これはブログに書くしかないでしょ~って思ったんですが

正直、見通しがいる程複雑な展開にならないんですよね。

 

自民党の圧勝だという事はやる前からみんなが思っているし、

為替も織り込み済みの動きと言った具合です。

 

それでは私が

明日からの為替はどのようなシナリオを持って臨んでいくのか。

 

 

シナリオ① 自民党圧勝。単党で法案通し放題の議席到達。

(9割方はここに振り分けられると考えてください)

 

この場合 122円から117円台まで一度落ちてきたドル円ですが、

増税に対して国民からの承諾を得た、という事になり

 

増税→財政の健全化→日本が求める円安への誘導がスムーズに行える状態が整う。

ざっくりこんな感じでアナリストが見通しを立てて

円安へと向かっていく公算に乗っかっていくつもりです。

 

 

シナリオ② 野党勝利(1%もありませんが)

野党は与党と対決するために国民に媚びを売る政策(減税など)を出しています。

国民に媚びを売る事と財政の健全化には相反する関係がありますから

為替は日本が導きたい方向とは逆へ行きやすいです。

 

はい!以上です。

 

来週からの展開としては①のシナリオへと行きやすい流れが既につくられています。

しかーし!

ここで重要な事が1つ。

選挙の結果にはビックリするような公約があるかどうか!

ここが注目されます。

 

自民党が勝つのは分かったよ。

じゃあマニフェストはどうなのさ?

 

ここが重要です。

マニフェストで国をどう変えていきたいのかという

所信表明に繋がっていくのですが、

今回の自民党には選挙前からのマニフェストの大幅な変更というものが無いんです。

 

じゃあ自民党が受かったからといって既定路線の増税シナリオに変動も無く、

ビックリは起きませんよね。

 

いや、それ以上にマニフェストへの失望感から円高へと下がっていく事すら考えられる。

 

今回の選挙ではビックリがあまりにも起きづらい展開なんです。

 

もし、万が一野党である民主党などが与党を取ることが出来たり

自民党が思ったより議席数を取ることが出来ずに

法案を通す事が出来ない事態となれば、

為替に取ってはサプライズとなり円高方向へと皆の意識が集合していく

絶好の機会となります。

 

そうならない可能性の方が今回は圧倒的に高いわけですから

大して実の無い選挙なんですよね。

 

ざっくり言えば、

円安に行きやすい可能性がちょっとだけ高い。

 

これくらいです。

 

自民党が勝ったからと言って、

明日から円安じゃー!!と

過度な期待を持ちすぎている自分が居ないかチェックしてあげてください。

 

今回の選挙は自民党が勝っても

大勢に大きな変動はありません。

 

既定路線じゃつまらない。

つまらない相場ではビックリが起きない。

 

ビックリが起きないとおいしいポイントは訪れません。

 

個人的には自民党以外が勝った場合は大きく円を買っていくチャンスを狙う。

(ドル円が下がって行く展開です)

自民党が勝った場合はちょこっとだけ円を売るチャンスを狙っていきます。

(ドル円が上がって行く展開です)

 

こんな感じです。

 

自民党がもし300議席取れた場合には

大衆への自民党の写り方が変わっていくため

円を売るチャンスを強めに変えていきます。

 

それこそ週明けすぐに120円へと再び乗っていく展開予想ですね。

 

300議席行っていない場合は週明けに過剰なバイアスをかけすぎないように

注意してトレードしていってください。

 

それでは!

 

 

また読みたいな と思ってもらえたら

br_c_1532_2      fx88_31

このランキング2つをクリックして 応援してくれると更新の励みになります。

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください。

Powerd by ニアサテ FX

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top