ギリシャ 緊縮案 に国民からNOの決断

ギリシャ

ギリシャ 逝ったー!!

 

やっちまったぜ!国民投票でNOとしてくるとは。

これでユーロ離脱が更に現実視される展開となって

後はドイツ国民によるギリシャ支援の反発の声が高まれば

政府も無視出来なくなって支援しません!って展開まで見えましたね。

 

ギリシャ問題のおかげでこっちは月曜だというのに

8時から今までフルでトレードしてましたよ。

 

儲かるのは嬉しいですが、夜型生活スタイルを直すのがしんどい・・

 

 

0.昨日のトレード結果

金曜のトレードは1時間ほどスキャルピングしてプラス11pips

今日はユーロ円をいったりきたりを全部捉えることが出来てプラス240pips
1.トレードタイムの枠組み

デイトレード

 

先週の窓開けの際と今回の窓開けの際の動き方が似ているとは思いませんか?

よかったら確認してみてください。

 

今回のみんなの心理状況も先週と同じ流れです。

窓開けでユーロ円やユーロドルを中心にドッカンと下がった割には

「ギリシャショックが危ぶまれているけどショックが起きたわけじゃないよね?

なんでショック起きたみたいに下げてんの?」という疑問符が残る相場となって

買いもどしと行った展開です。

 

今回はpipsを取れなくても大丈夫ですが、

こういう風に直近の相場の癖に対して

デジャブを感じる相場展開というのは日々の相場の中で

週に何回もあるので、似たような出来事があった際には

積極的にまた同じような上げ方するんじゃないか?と勘ぐってみてください。

 

 

 

2.注目通貨

ユーロ円

 

リスク回避通貨の円が買われ、

ショックを嫌がられているユーロが売られた窓空けからの反転中。

 

今日明日はユーロ円が一番動くだろうから、

こればっかりトレードするだろう。

 

 

 

3.指標など注目時間

 

23:00 ISM非製造業景況指数 20pips程動くことを想定する。

 

 

 

4.まとめ

これからユーロ円などをただ買うだけでもエッジがありますが、

こういう値動きが半端じゃなく動くときというのはオーバーシュートと言われる

いわゆる相場の転換点がすごくつかみやすいので

50~100pipsほどをイメージして細かく回転していくと良いです。

 

相場の途中でギリシャの財務大臣の辞任により

ユーロ円とユーロドルのトレンド感が上昇に一変した。

 

引き続きギリシャ関係のニュースで動くことに注意したい。

 

 

それではまた明日!

 

 

ああああ   あああ

 

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません 。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません 。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください 。

Powerd by ニアサテ FX

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top