中国当局の規制によって 中国バブル 復活か!

川島

 

 

 

中国当局「売り出来ないようにしたからね、

怖くないから投資してねー。」 

 

 

 

 

投資家「売れない株に誰が投資するか!!」

 

 

 

 

 

中国当局の大胆な株売り規制によって、

株は否応なしに買い方向へと向かう展開が昨日から訪れていましたが、

昨日6%上げに続き、今日も6%上げと再度 中国バブル 絶好調のようです。

 

 

 

上みたいに誰が投資するか!!って展開予想していたんですが

日経平均までつられて上がっていますねー。

 

 

今みんなパニックになってるから売りはダメよー!なんて

市場倫理に反した、中国だからこそいける裏ワザ・・なんですかね?

 

 

それで!前例のない規制によって日経平均や為替も中国市場につられて

連日雇用統計以上の値幅で動くという大混乱の様相を呈しているわけですが、

こんな日はどんな風にトレードしようかと

今日の目線を以下に載せましたので見てください。

 

 

 

今日の目線の前にここでランキングボタンを押して応援をよろしくお願いします。

 

ああああ     あああ

 

 

 

 

0.昨日のトレード結果

 

スイングで持越ししていた

ドル円半分・ユーロ円全て・ポンド円全て・豪ドル円半分を

それぞれ決済。

昨日新規保有した分は

細かい損切りではあるが7連敗となった。

 

 

何連敗だろうが細かい損切りであれば良い。

ここで悪い事したつもりになって

懲りて追っかけられないやつが一番の敗者である。

 

 

目線はフラットにして今日も同様に臨むこと。

トレードストップはまだかかっていない。

 

 

デイ

ー121pips

 

 

スイング

+220pips
1.トレードタイムの枠組み

デイトレード

 

週末にまたギリシャデフォルト懸念問題があるので、

持越しはしないつもりです。

 

また、

ギリシャ・中国問題が軟化(何とかなるんじゃない?の市場の声)してきている事により

円トレンドが反転している恐れがあるが、

根本的解決には至っていない荒療治であるため

持越し時には急なニュースで2~300pips動いても問題ないポジションにする。

 

 

一応ですが、2週連続ユーロ円は窓開けで大きく下げている状況があって

またデフォルト懸念ですので来週も大きくどちらかへ開くと考えています。

 

 

 

2.注目通貨

ユーロ円

ポンド円

ドル円

 

売買方向性:上下フラット

 

ユーロ円現時点で200pips上げていて

気に入った形が表れているので売っています。

 

こういう思いっきり上がってる時の売りなんていう

逆張りをされる時はは勝率を意識して微益撤退を重視してみてください。

 

微益→微益→微損→微損→微損→微損・100pips利益どーん!

 

なんて感じに10発に1発逆張りから入ったトレードが

大反転して順張りになってくれたらいい。

そこだけはビビらず100pipsは取る!ってイメージだけでガンガン勝てますから。

 

 

さて、今のクロス円の1時間足や4時間足を見ると

絶好の上昇へ反転期に見えるのだが、

上述のファンダメンタルズと絡めると

ここまでの反転は勢いといい大手の決済勢が多いのではないのかと考える。

 

 

新規買いにつながるかは今日と月曜日にかかっているため、

今日は売買の方向性はフラットにいつも通りを心がける。

 

 

損失1:利益5と損小利大を意識して狙っていく。

 

 

 

3.指標など注目時間

 

21:30 カナダ失業率 カナダドル取引されている方は注意。

ドルが連動して10pips程度動くと想定。

25:30 イェレンFRB議長の発言 

とても重要なファンダメンタルズ。

アメリカ金利を今年は上げないor今年金利上げます発言が出たら

スイングトレードへ移行する。

 

 

 

4.まとめ

今日は乱高下かつ方向性が無い

難しい日となりますので積極的にトレードしなくても良い日だと思います。

 

でも授業受けている方はこういう市場が混乱している日にこそ

サインがガンガン出るので積極的に攻めていってください。

 

今からはイェレンまでおそらく行ったり来たり。

これがキーワードです。

 

 

それではまた明日!

 

ああああ    あああ

 

 

 

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません 。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません 。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください 。

Powerd by ニアサテ FX

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top