夏枯れ相場 突入か

夏バテ

 

 

先週から相場はどうにも動きの少ない 夏枯れ相場 になっていますね。

 

 

夏枯れ相場 とは… 7,8月には日本ではお盆の帰省シーズンであり、

世界的にもバカンスシーズンという事で皆が遊びに出掛けちゃって

相場の参加者が減ることにより、値動きが少なくなりやすい相場展開の事を指します。

 

 

15分足の一つの波で100pips動く通貨すら現れない程度の

ゆったりとしたレンジの展開が続いていますね。

 

 

普段の相場展開を考えるとなかなか変わった相場であり、

普段安定して勝てている人は今の相場は難しいんじゃないかなと思います。

 

 

それではそんな動かない相場ではどうやって取引していくのか。

私の目線を下に書いていきます。

 

 

br_c_1532_2   fx88_31

ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします 。

 

 

 

 

 

0.昨日のトレード結果

 

朝からスキャルピング山盛り。

 

寝る前に大きな損切り50pipsを決済して終了。

 

20勝1敗。

プラス30pips

 

 

 

1.トレードタイムの枠組み

 

スキャルピングorデイトレード 

 

 

動かない相場なんだから当たり前にも思えますが、

100pipsは狙えません。

 

逆に言えば最大損切りを100pips持っておけば、

ほとんど引っかからないで戻ってきます。

 

普段は一にも二にも「損小利大」を徹底するように言っていますが、

こういう動かない特異な相場は全く逆になるんですね。

「損大利小」

私はこれを徹底していきます。

 

結局最終的にその日が動かない日あったなら損大利小で負けようもないし、

動く日であったなら1発損切り引っかかった時点で戦略が間違えていた事に気づけて

次からのトレードは損小利大に切り替えれば良い。

 

そんな展開です。

 

 

 

2.注目通貨

 

無し

 

上下の動きに対してゆるく逆張り。 

3~20pipsが欲しいだけですのでどんな通貨でも狙います。 

 

 

 

3.指標など注目時間

 

23:00 米中古住宅販売件数 10pips程動くことを想定する。

 

 

 

4.まとめ

 

材料も無く、

最近の値動きも無い。

 

こんな相場では100pipsのデカい波をつけたい人が訪れない展開になりがちです。

損大利小はリスクもあるのでおすすめはしませんが、

損小利大で勝つことは難しい局面になる事を想定しています。

 

 

それではまた明日!

 

br_c_1532_2   fx88_31

ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします 。

 

 

本サイトは情報提供を目的としており、 取引の勧誘を目的としたものではありません 。

また、 提供している情報は利益を保証するものではありません 。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください 。

Powerd by ニアサテ FX

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top