これから8月15日までのトレード目線

さんま

月は全通貨を通して値動きに乏しい展開となり上がった通貨は月末までに下がるといった逆張りを狙う展開が美味しい月となった。

トレンド感が認められたのはポンド高とNZ高であろうか。
これらの通貨は上記に当てはまらない事を留意したい

 

スキャルピング
夕方に15-17の間にユーロ円、
ポンド円で1分で15pips程度の大きなローソク足を付けている。

大きく動くがしっかりと戻ってくるため3~5倍ナンピンで積極的に取りたい。

 

 

デイトレード
日足にヒゲが多く30-80pipsまでは
逆張りを狙う展開としたい。

80pips以上進んだ場合は
全戻しなのか200pips進むのか分かりづらく手を出さない。
その逆張りが美味しい。
狙う際は前日前々日に日本時間と欧州時間が戦っているかチャートから確認すること。

デイトレ逆張り目安
平均利益25
平均損切り25
勝率66%

 

 

スイングトレード
日足の値動きが弱くチャンスが少ない展開が続いている。

動かない限りはチャンスも無く
月足も今月はfomcにより読みづらくドル高にバイアスをかけておくくらいか。
ドル安になった際は15日までは積極的にドル高を狙いたい。

2,3,4,5月と動きの弱い展開が続くが
これは今月も続くものとして
枚数を落とす事も考慮して
簡単に損切りにならない行き過ぎトレードもしたい。
大きくも取りつつ勝率を意識したトレードを行いたい。

平均利益
平均損切り300
勝率70%

長期トレード
新たなエントリーとしては
先月に続いてポンド高が月足にて目立つ展開となりそうだ。
安いところから少しずつ豪ポンドやユロポンド辺りのドル絡みの無い通貨を積んでいきたい。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top