ああ

1. FXの仕組み

 

 

初めてFXをされる方には
お金を他の通貨に交換して どうしてお金が儲けたり損したりするのか ?
FXでどうしてお金を儲けることが出来るのか その仕組みが理解しづらいと思います 。
その疑問を解いてもらおうと まとめたので読んでみてください 。

 

 

 

お金でお金を買うということを知る

 

 

お金でお金を買うというとすぐにはピンと来ませんね。

 

私たちは普段お米やお肉などのモノをお金を渡すことで 「 買っています 」。

お米屋さんやお肉屋さんはお米やお肉を渡すことで「 売っています 」。
このように考えると 、

買うという行為と売るという行為には

「 交換する 」という行為があるだけの 物々交換を行っているだけなんですね 。

 

この売ったり買ったりではなく交換しているんだという

考えさえ理解してしまえば後は簡単です 。

 

この物々交換は自分がより欲しいものへ交換しているのです 。

 

トレーダーが普段している

トレードも全く同じことです 。

あの通貨よりこっちの通貨が欲しいから交換してーというだけで

豚肉買うのと何も変わらないことです 。

 

たとえば 、

日本円よりもドルの方が価値高くなりそうだなー。

こんな風に思う草薙君がいると、

 

草薙君は日本円を渡すことでドルを受け取って交換する。

逆に言えばドルの方が私は欲しいので日本円を渡します 。

 

ドル円交換

 

 

つまり円を売ってドルを買うということになります 。

 

 

それではどうして通貨の価値は変動するの ?

 

通貨に限らず世の中の価値・値段というものは
需要 と 供給によって決められるという所がポイントです 。
皆が欲しいものは足りなくなるから高くなり,

皆が欲しくないものは余っちゃうから安くなる という大原則です。

 

pic1

 

よくニュースで
今年は悪天候によって野菜が不作だったから高くなっております
なんて報道をしているのをちらほら見かけると思います 。

 

野菜の実りが悪く供給できる数が少ないから値段を上げるよー
ということは通貨の世界でも同様にあり 、

 

今年は日本が好景気だったので皆日本円を買ったので値段を上げるよー
ということになります。

 

皆が欲しいものは高くなるのです 。
皆が欲しくないものは安くなるのです 。

 

※ 例外として通貨の場合自国の通貨を安くした方が

他国に商品を安く売ることが出来るので 、
輸出したい国は自分の国の通貨を出来るだけ
安くさせたいと考え様々な政策をほどこします 。

 

要点チェック!

お肉や野菜と変わらず通貨も物々交換している。

皆が欲しいものは高くなる。
皆が欲しくないものは安くなる。

 

 

次回→2.時間帯毎の値動きの違いを利用する

 

 

また読みたいなと思ってもらえたら

サイト右上のランキング2つをクリックして応援してくれると嬉しいです。

(徐々に上がっていっているのを楽しみに書いています笑)

本サイトは情報提供を目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。

また、提供している情報は利益を保証するものではありません。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください。

Powerd by ニアサテFX







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top