トレードスパン編

トレードをする際、どのくらいの期間持つのかという目安を決めておくことが大事です。
その日以内に決済するつもりなのか、
1週間くらいは持越しするつもりでトレードするのかでは
見て行くチャート・利益目標・最大損切りに大きな違いがあります。

その日以内に決済するつもりのスタイルだと5分足や15分足を見てトレードすることになりますが、
ここで4時間足を使ってトレードしても中々チャートの詳しい情報が読み取れません。

pic3

pic4

pic5

pic6

こんな感じですね。

上図のドル円4時間チャートをつかってデイトレードをしようと思っても天井をつけて下がってきている途中にしか見えません。

しかし、その下の1時間足チャートを見ると下がりつつある中で下ヒゲをつけ短期的な上昇傾向にあることがわかります。

さらに詳しく5分足を見ることで上昇傾向にありつつも一旦落ち着いてモジモジと横ばいになりそうな状態なので買うのであれば直近の高値を超えてからにしようということが詳しく読めてくるのです。

このように細かい時間足も使うことで、
4時間足や1時間足だけを使っているだけでは見えてこない情報が色々見えてきますよね。

トレードの基本は大枠(日足・4時間足)を見て売買の方向性を決める、もしくは売買どちらかに優勢・劣勢のバイアスをかけ、小枠(15分足・5分足)の時間足で売買のタイミングを決めることです。
1分足はファンドなどの大口取引によるノイズが多く初心者の内は一切見ない方が勝ちやすいです。
(今後1分足の効果的な使い方の記事などもあげていきますね。)

下記にトレードスタイル毎の説明をまとめておきましたので読んでみてください。

スキャルピングトレード..スキャルプ(スカルプ)には頭皮という意味があり(スカルプDなんてCMありますね)、頭皮を剥ぐように薄い利益を狙った超短期売買のことです。
おおよそ1秒~5分以内に決済することを目的とします。
最近ではスキャルピングトレードが禁止されている証券会社さんが多く、
また一見勝ちやすいようで損大利小になりやすい上級者向けの手法。

デイトレード..デイという名の通りトレードをしたその日以内に決済することを目的としたトレードです。
私自身はこのデイトレードを主体として行うデイトレーダーにあたります。
始めは小幅な動きにも翻弄されてしまって難しいかもしれませんが、
トレード毎に反省ポイントをまとめることで
トレード回数が多いため学習機会も多く、
最終的に一番勝ちやすいスタイルだと思っています。

スイングトレード..数日間および1週間程度持ち越すことを前提としてトレードスタイルのことです。
デイトレードを行う場合にもとびっきりのチャンスが訪れたことによりスイングに転換する場合があります。
トレードを持ち越すことが前提のため、ストップ注文をしっかりと入れておきます。
お勤めされている方はデイトレードで何時間も監視出来ない時など
また、日足上で重要な反転ポイント・突破ポイントの波に乗った際などは
デイトレードでもスイングトレードへ持越した方が良い場合があります。
指値注文・ストップ注文を入れる練習にもなるのでデイトレードと併せ
おすすめのトレード方法です。

長期トレード..1週間~期限を問わずファンダメンタルズ分析を併用したトレードを行うスタイルです。
アベノミクスの時などは長期トレードを行った方が多いと思います。
今後も2,3年に1度周期でアベノミクスのようなチャンスが訪れるので、そういったタイミングで長期トレードを行うと良いと思います。
また高金利通貨と言われる豪ドルやNZドル、南アフリカランドなどは保有しているだけで年間2~8%の金利がもらえるので10年単位で考える場合大きな利益となっていくでしょう。

1度のトレードスパンが長いためどうしてもトレード回数が少なくなってしまうため、
中級者以上の方におすすめのトレード方法です。
為替の世界では、
2,3年に一度ボーナス相場と言われる極端な上昇・下落相場が訪れます。
その際にファンダメンタルズとテクニカルを学んでおくことで初動にはチャートにしっかり極端なサインが出ますし政治の情報からでも予測することで大きな利益を狙うことが出来ます。

要点チェック!

おすすめトレードスタイルはデイトレードで、
大枠(日足・4時間足)で上下のトレンドを把握し、小枠(15分足・5分足)にてトレードのタイミングを計る。

 

次回→1.資金管理編 1

 

また読みたいなと思ってもらえたら

サイト右上のランキング2つをクリックして応援してくれると嬉しいです。

(徐々に上がっていっているのを楽しみに書いています笑)

本サイトは情報提供を目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。

また、提供している情報は利益を保証するものではありません。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください。

Powerd by ニアサテFX







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top