トレンド系 テクニカル とオシレーター系 テクニカル の使い分け方

 

 

こんにちは 。
ブログを開設する前から意気込んで色々とFXの知るべき要点をまとめているのですが 、
詰め詰めで教えているので堅苦しくなってしまいますね 。

 

 

堅苦しいことばかり書いていると
お堅いやつなんだと思われそうで恐縮なんですが 、
日々更新するブログの方では

ふざけた人間という事が見えてくると思いますので

よろしくお願いします 。

 

今後、 動画か何かでトレードの実況なんかも出来たら面白いなーって
色々考えております 。

 

脱線してしまいましたが
前回に引き続きテクニカル編 です。
今回はトレンド系テクニカルと

オシレーター系テクニカルの使い分け方について話していきます 。

 

はじめにざっくり言うと 、
トレンド系テクニカルは 相場が変動する時に使う 。
オシレーター系テクニカルは モジモジと動かない時 、

レンジ相場の時に使うと覚えておいてください 。

 

 

それと以下にトレンド系テクニカルと

オシレーター系テクニカルの名称を一覧にしますが 、

これらトレンド系の中であれば

どのテクニカルであっても何を使っても構いません 、
チャートをごちゃごちゃ見せたいのか
スッキリ見たいのかという点が変わるだけです 。

 

 

 

トレンド系テクニカル一覧

 

 

移動平均線(MA)

一目均衡表

EMA
ボリンジャーバンド
MACD

 

 

 

 

オシレーター系テクニカル一覧

 

RSI
ストキャスティクス
Average True Range(ATR)

 

 

ごく有名なところですとこんな風に分かれます 。
また漫然と使えるテクニカルはどれだ ?と探しても結果は出ません 。
全てのテクニカルは使い方次第ですので 、
どれを使うも好み次第です 。
個人的には初めが重要ですので、
ATRを使って相場が動くタイミングまで待つ癖というのを
つけてもらえると良いなと思います。
動くタイミングではトレンド系テクニカルということで、
ATR+お好みのトレンド系テクニカルという形で。
( ATR..指定期間の相場の値幅の平均を表すテクニカルで、
これを使うと相場の過熱感がわかります )

 

私感ですが 、
FXというゲームは負ける人がテンパっているポイントを探すゲームだと思っているんですね 。
性格の悪い話ですが、

いかに負ける人を高みから平静な気持ちで俯瞰出来るのかが重要なんです 。

 

相場が突っ張って突っ張ってもう行きすぎだろを超えた
更に行き過ぎのポイントで訪れる急反転、

その急反転をガッツリ狙っていくと相場が過熱している状況なので

急反転の規模も大きく反転時のびっくりが大きいんですよ。

 

そこで大衆の人々がテンパっているのかなーって

ポイントを探すために色々なテクニカルを使います 。

 

でも有名どころと言われる

移動平均線やボリンジャーバンドですらせいぜい50%の人しか使っていないんですよ 。

 

どうせ大衆を俯瞰するなら

50%の大地を上から見下ろすよりも100%の大地を見下ろしていたほうが

獲物はたくさん見つかると思いませんか。

 

 

100%は無理でも
100%近くの人が使っているもの・・・
それは何も手を加えていないチャートまっさら状態なんですね 。

 

これだけで十分お宝が眠っている在処が示されているんですね 。

 

例えば1ドル100円00銭ちょうどというポイント 。
このキリのよさに注目してください 。

 

1ドル120円くらいから
110円→105円→103円→100円って

ガンガン下がっていっている状態があった時に

通常であればガンガン下がり続けてて

買う要素は無いからまだまだ売りだ !という大衆心理が働き

下落トレンド継続が濃厚なんですが 、

100円00銭というキリの良い数字がやってくると

90%の人が売ることをためらってしまうんですね 。

 

これだけ下がり続けてるけれどさすがに1ドル100円は割れないだろ・・
いや、 むしろこれだけ下がったんだから

100円00銭を皮切りにそろそろ反転するんじゃないか ?
けれど100円00銭割れないという保証もないよな・・
と、 様々な憶測が飛び交います 。

 

 

この様々な憶測こそがテクニカルのエッジの正体なのです !

 

 

この1ドル100円00銭に対して更に下落を続けるのか 、
それとも100円00銭で反転するのか 。

 

そんなのはどうでもいいんです!

 

相場が過熱しているというポイントと 、
皆が注目するポイント 。

 

 

私の手法の一番の根幹です。

この2つを見つけられれば

後は方向さえ決まれば大きく動く可能性が非常に高いので後乗りすれば良いんです。

 

これは移動平均線のゴールデンクロスや デッドクロスなどにそのまま当てはめても使えます 。

 

どんなテクニカルを使っても勝つ人は相場で勝負するポイントを分かっていて
この後乗りのポイントで負けたらサッと損切りし 、
乗れたらまた次の注目ポイントまで放っておいて大きく獲るから勝てるんですね 。

 

 

更に言うならこの1ドル100円00銭まで下がってきたという展開の場合 、
100円00銭を割れた方が大衆はビックリします 。

 

 

支持線・抵抗線・00ポイント( 100円00銭のような末2桁が00で終わるポイント )

・トレンドライン・ゴールデンクロスポイント・デッドクロスポイント

・RSIの80・20ポイントなどこれらが指す意味合いは全て皆が注目し 、

7割の場合は反転するが3割飛びぬけて突破した場合

更に大きくトレンドが加速しやすいという特徴を持ちます 。

 

 

この皆が注目するというポイントに注目し上記を注目線と勝手に読んでいます。

 

この注目線は皆が注目する 、
そして皆とりあえず様子見してここまで来たらいい加減反転するだろうって
まずは思うんですね 、そして100円00銭でちょこっと反転して100円50銭くらいまで上げる 。
ふーやれやれ結局突破しないでやんの 。
なんて思ってるところ押しの下げがドカンと入る 。
すると皆ビックリです 。
トレンド継続かい !って 。
慌てて飛び乗るもんだから価格はドンドン下がって100円を割れる 。
100円割れたら下げしかないでしょという大衆圧力が加わってさらに下げる 。
という連鎖が起きてドンドン下げます。

 

この連鎖が起きたかどうかは

重要な注目線を突破する際のローソク足を見ると極端に大きいことがわかります 。
逆にこのローソク足が極端に大きくない場合 、
ビックリが起きていないので下落方向に見れません 。

 

注目線を突破する際はビックリの急変動が大事というのも覚えておいてください 。

 

ビックリによる連鎖的な下げが大きなローソク足を作り 、
大きなローソク足は何日か経ってもチャート上で大衆に注目されるため
意味を持ち続ける 。
非常に重要なことです 。

 

 

ぐわーっと詰め込んじゃったのでまた今度 、
分かりやすいよう書き直させてもらうかもしれませんが
読んでいて何言ってるかさっぱりってところがありましたら、
是非下のコメントで言ってくださると嬉しいです 。
また、 自身のテクニカルがどうでしょうという質問でもなんでも書いてくれたら
お答えしますのでお気軽にコメントください 。

 

 

 

要点チェック!

FXは待つことが仕事 !
その為にATRは便利 !
トレンド系テクニカルとオシレーター系テクニカルが使い分けれればどれを使っても勝てる !
注目線を探してみよう !
注目線では反転濃厚突破したら大きく行きやすい !

 

次回→3.トレードスパン編

 

 

 

 

また読みたいなと思ってもらえたら

サイト右上のランキング2つをクリックして応援してくれると嬉しいです。

本サイトは情報提供を目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。

また、提供している情報は利益を保証するものではありません。
実際に取引を行う際の判断は読者さんが行ってください。

Powerd by ニアサテFX







為替・FX ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
ランキングボタンを押して応援よろしくお願いします。


アクセスカウンター

ページ上部へ戻る
Top